お試し見学会

先日のヒューマンドールお試し見学会の様子をアップします。

今回はこちらのメンバーです。

一面ガラス張りの広々としたスペースにマットを敷いて、柔術の練習です。

ご自宅でも省スペースで練習できます。

柔術練習人形は、ひざまずいた形からワザが掛けられます。

外国製のグラップリングダミーのように

水や砂を入れて膨らませるものとは全く違います。

すべてのヒューマンドール®は、出来上がった形で発送しますので、

届いたらすぐに練習が始められます。

この上に道着などを一枚着せると、汚れ防止にもなります。

首・肩・肘・手首・指・腰・股関節・膝・足首が

人間そっくりに曲がります。

絞めた感覚もリアルです!

自宅でDVDや動画を見つつ、重みを感じながら練習してください。

どんなワザでも、嫌がらずに

練習にトコトン付き合ってくれます。

「次に道場に行ったら、こんな風に戦ってみよう!」と

シミレーションしながら、ワザを繰り出してみましょう。

こうしてまず自主練(インプット)をしてから、

道場で対人練習をすると(アウトプット)

「知っているワザ」が「使えるワザ」になります。

相手はそのワザに対応できないので、自分の得意技になる可能性があります。

 

もちろん、まわりも新ワザの研究を始めるでしょうが、

あなたが後手に回ることはありません。

自宅での柔術練習人形との練習

いつの間にか「使えるワザ」がさらに増えていて、

得意技の数の差がどんどん広がっていくからです。

そうなってくると、あなたはかなりの自信をもって戦えるようになります。

メンバーからも一目置かれるようになります。

 

週に数回の道場通いでしかできなかった練習が、

自宅で毎日でもできるのですから!

—————————
柔術練習人形での自主練
 ⇓ ⇑
道場での対人練習
↓ ↑
出稽古
↓ ↑
小試合
↓ ↑
大 会
—————————

柔術練習人形での自主練は、予習であり復習でもあります。

質 × 量が一線を越えたとき、

あなたの成績はグンと伸びるでしょう。

 

さらに、五感を使うとよく頭に入ると言います。

受験勉強でも「身体を動かしながら記憶すると、定着しやすい」と言われています。

本を眺めるだけ、DVDを見るだけ、エアーでシミレーションするだけ、より

触覚をフル活用し、重力を感じながら

柔術練習することの意義がお分かりだと思います。

 

投げても蹴っても落としても壊れない!柔術練習人形。

こちらの動画もご覧ください。

≪この練習法で技を増やしました≫