画期的!打ち込み台に乗せた練習法

お待たせしました。

投げ込んだ後、いちいち人形を起き上がらせる必要のない「打ち込み人形」が完成しました!

床にマットを敷き、その上に「打ち込み台」を置けばOK。

右組み・左組みのどちらにも対応しますよ。

足裏にも工夫された「打ち込み人形」
「打ち込み台」にセッティングします。

これでいちいち人形を起こさずとも、打ち込みの練習ができます。

もちろん投げ込み練習も可能。

なんと!30㎏~100㎏までの負荷がかけられますよ。

負荷の設定は、だれでも簡単に切り替えできます。

(注:投げ込み人形は、 打ち込み台にセッティングできません)

(打ち込み台90cm×119cmは別売りとなります)

打ち込み人形を「打ち込み台」にセットすれば、
打ち込み・投げ込み練習のどちらも可能になります。

さて、どうやって打ち込みするのか?

その答えはこの動画で確かめてください。

動画では60キロの負荷をかけています。

いかがですか?

子ども用打ち込み人形セットもございます。

人の時間を奪わずに、相手に痛い思いをさせずに練習できます。

へこたれない練習相手として、活用してください。