自立度の比較

リアル介護練習人形の特長② 自立

さて2つ目は自立についてのお話です。 

二足歩行できる人体構造は、「伸び切る」「角度を変えて曲がる」という

相反する運動能力を持っています。

「立つ」と「曲がる」は、相反する機能です。

これが両立できる人間の身体というのは、よくできていますね。

しかし膝関節・股関節が柔らかい赤ちゃんは、つかまり立ちさえできません。

たっち・あんよができるまでには、骨や筋肉の成長と、

本人の体重移動の意志が必要なのです。

大きくなれば自立・二足歩行できることが普通だと思っていますが、

寝返り・おすわり・ハイハイ・たっち・あんよは、成長の証です。

これらの写真はすべてわが社のヒューマンドール®です。

下から支えられている立ち姿のマネキンはたくさんありますが、

支えなしに直立する等身大人形は今までありませんでした。

しかもヒューマンドール®は、すべての関節部分が正しい範囲で動くのです。

「立つ」と「曲がる」、相反する機能を持ち合わせた人形なのです。

 

「自立する人形は初めて見ました!」

普段から看護練習人形を見慣れている先生・学生さんたちも

その様子にビックリされます。

 

この等身大【自立型】リアル介護練習人形は、

リカちゃん人形を巨大化したものとは違います。

中は空洞ではありません。

よく「この人形はなにで出来ているのですか?」と聞かれますが、

企業秘密です(笑)

というのは冗談ですが、もちろん安全な材料でできています。

 

ヒューマンドール®の自立度についてですが、目的によって変わってきます。

立ち技練習に使う柔道練習人形が一番自立度が高くなります。

ダミー人形も同様に自立度が高いです。

 

次に寝技を主に練習したい一人向けの柔術・格闘技練習人形

 

その次は寄り添い歩行訓練の練習もできるリハビリ実習人形

その名もあゆむくん・あゆみちゃんです。

体位変換・車椅子移乗の練習ももちろんできます。

 

一番自立度が低いのがリアル介護練習人形。

正確なポジショニングができるゆるりくん・ゆるりちゃんです。

車椅子移乗の際、一旦人形を立たせることもできます。

それぞれの特長をお分かり頂けたでしょうか?

こちらのページに一覧表を載せています。

あなたの使用目的に合わせてお選びください。